HOME >  ステップアップする > スペシャルティー > 活動範囲を拡大

 

ナイトダイバーSP


参加条件:PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上
講習内容:海洋実習(3ダイブ)
講習料金: ¥16,200(税込)+申請料 ¥4,536(税込)
同じ場所に潜っても、昼と夜では海の表情はまったく異なります。
魚たちのユニークな寝姿や、昼間は岩陰に隠れているエビやカニなどの夜行性の生物、ときには幻想的なサンゴの産卵シーンが観察できるなど、見どころは非常に豊富。海の神秘に触れ、ワクワクするようなダイビングを楽しむことができるでしょう。 このコースでは、夜の海に安全に潜る知識から、目的地までたどりつくコンパスナビゲーション、合図や水中ライトをより効果的に使う方法などを習得します。 夜の海のイメージが一変すること間違いなしです。

ディープダイバーSP


参加条件:PADIアドベンチャーダイバー 以上で15歳以上
講習内容:海洋実習(4ダイブ)
講習料金: ¥21,600(税込)+申請料 ¥4,536(税込)
ダイバーにとって「深く潜ること=ダイビングスキルの優劣」というわけではありませんが、ダイビングスポットによっては水深18m以深に見どころがあるところも多く、まるでお花畑のようなソフトコーラルの群生や、太陽の光の届かない"グランブルー"の世界、沈船、ケーブ(洞窟)など、ダイバーの好奇心を刺激する光景が広がっています。 このコースでは、深く潜ることで増えるリスクをきちんと認識し、潜水計画の立て方をはじめ、より安全にディープ・ダイビングを楽しむための方法を学びます。 未知なる海の世界を探検しにいきましょう!

マルチレベルダイバーSP


参加条件:PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上
講習内容:海洋実習(2ダイブ)
講習料金: ¥10,800(税込)+申請料 ¥4,536(税込)
ダイバーなら誰しもが考えるのが「少しでも長く潜って海の世界を楽しみたい」。それを可能にしてくれるのが、マルチレベル・ダイビングです。これは「水深が浅いところでは体内への窒素の吸収が遅い」という原理を応用して、「ダイブテーブルを使用した場合よりもダイバーが水中にいられる減圧不要時間を延ばすことができる」ようにと考えられたダイビング・プログラムです。ダイブテーブルとは別の道具を使い、潜水深度、潜水時間、残留窒素の関係を詳細に計算。それにより綿密な潜水計画を立てることが可能になります。

ドリフトダイバーSP


参加条件:PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上
講習内容:海洋実習(2ダイブ)
講習料金: ¥10,800(税込)+申請料 ¥4,536(税込)
ドリフト・ダイビングとは、潮の流れに乗って移動するダイビングのこと。 世界には、チャネルやパスなど潮の流れの速い場所がダイビングスポットになっているところも多く、そこでのドリフト・ダイビングは流れに乗ってラクに移動できるうえ、大型回遊魚の群れなどとの遭遇のチャンスもあり、とてもエキサイティングです。ただし、油断をしていると事故につながる可能性もあるので、このコースでドリフト・ダイビングの注意点やエントリー&エキジット方法、セーフティグッズの使い方などをしっかりマスターしておきましょう。 

エンリッチド・エア・ダイバーSP 


参加条件:PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上
講習内容:レクチャー(4時間)+海洋実習(2ダイブ)
講習料金: ¥10,800(税込)+申請料 ¥4,536(税込)
エンリッチド・エアは、減圧の許容範囲を広げることのできる最新技術です。エンリッチド・エアで、エンリッチド・エア用のダイビング・コンピューターを使用し、マルチレベル・ダイビングをした場合には、空気でのダイビングに比べて時間的に余裕を持つことができます。特に、水深が15~30mのダイビングに向いているでしょう。じっくりと水中生物を観察したり、水中写真を撮りたいダイバーにはうってつけのコースです。 また、エンリッチド・エア用のダイブテーブルの使用方法なども身につきますので、減圧理論に興味のあるダイバーにもオススメです。 エンリッチド・エアはダイビングの手段の1つです。 エンリッチド・エア・ダイバー・コースを受講することによって、エンリッチド・エアがどのような時に役に立つかという判断ができるようになることでしょう。

サーチ&リカバリーSP


参加条件:PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上で15歳以上
講習内容:海洋実習(4ダイブ)
講習料金: ¥21,600(税込)+申請料 ¥4,536(税込)
海底に眠る金銀財宝を見つけられたら…。そんなロマン溢れる夢をかなえる手段となるのが、サーチ(捜索)&リカバリー(回収)のテクニック。宝物発見を想定して、発見場所の記憶方法から、再度その地点に戻るナビゲーション、引揚げ作業の方法、手順などを学びます。もちろん、水中に落としてしまったダイバーズナイフや時計などを探すとき、海底に沈んだゴミを回収するときなど、現実的なシーンでも活躍するテクニックです。いつの日か海の中で大発見する日を夢見て、身につけておくのもいいのでは?


基本を磨く

◆浮力コントロール(PPB)
◆水中ナビゲーター
◆ボート・ダイバー
◆コンピューター・ダイバー
◆ドライスーツ・ダイバー
◆サイドマウント・ダイバー
◆器材
 

遊びのコツをマスター

◆プロジェクトAWARE(環境保護)
◆AWAREサンゴ礁の保護
◆デジタルU/Wフォトグラファー
 

活動範囲を拡大

◆ナイト・ダイバー
◆ディープ・ダイバー
◆マルチレベル・ダイバー
◆ドリフト・ダイバー
◆エンリッチド・エア・ダイバー
◆サーチ&リカバリー
 

ツアーメンバー募集

※クリックすると詳細情報が表示されます
 
・8/18(金:夜発)~20(日) 和歌山県・串本(7/5)
・8/11(金)~13(日) 高知県・柏島(7/5)
 
その他にも魅力的なツアーがたくさん…
詳しくはツアースケジュールをご確認ください。
 
 


おススメ情報

7/21~23の沖ノ島ツアーでお世話になる、福岡のダイビングショップ『スキューバダイビングエアー』さんの動画を掲載させていただきます。魚影の濃さ、地形の面白さ&迫力…『沖ノ島』の海…凄すぎます!