HOME ダイビングを始める > ダイビングについてのQ&A

Cカードの正式名称はCertification Card つまり認定証のことです。
このCカードは「所有者は特定の期間、ダイビングに必要な知識と技術を取得した」ことを証明するもので、ダイビングを楽しむ際に「ルールを守り、安全に配慮して自分の責任において判断し行動することができるダイバー」であることの証でもあります。
海に行かれた際にこのCカードを忘れてしまうと、ダイビングのご希望をお受けできない場合もありますし、あなたのダイブキャリアにあったサービスやアドバイスをPro Staffから受けるためにも必要なのです。

スキューバ・ダイビングもアウトドア・レジャーのひとつ。自然を相手にするアクティビティです。
水中という環境では、息をするのにも機械の力を借りなくてはならないし、深く潜るほど身体に水圧もかかります。
本来、安全に楽しめるスキューバ・ダイビングですが、それなりの危険性がないとは言えないのです。
だからこそ、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースで安全確保と危険回避のスキルをしっかり学びます。
スキルをきちんと身につけることは、安全にダイビングを楽しむための基本なのです。

スキューバ・ダイビングの楽しみ方は人それぞれ・・・決まった楽しみ方は無いのがダイビングの良いところかも?
ダイビングを楽しまれている方の唯一共通なのは『水中世界を楽しむ!』ということ。
カラフルな生物を観察したり、ダイナミックな地形を楽しんだり、水中写真など・・・
お客様の中には『水中での浮遊感が好き!』『ただただ碧い世界にいるだけで癒されます^ ^ 』って方も・・・。
自分にはどんなダイビングが向いているのかを探すのはダイビングを楽しむための第一歩かも?

PADIはアメリカ・カリフォルニアに本部があり、日本をはじめ世界7ヶ所にエリアオフィスを持つ世界最大のスクーバ・ダイビング教育機関です。
世界中のダイバーの約60%以上がPADIの認定を受けています。
LIVE SCENEもPADIに認定されたダイビングショップです。

ライセンス取得は10歳から可能です。(体験ダイビングは8歳から可能)
上限(何歳まで)というのはありません。健康であれば何歳でも大丈夫です。
ダイビングは生涯にわたって、誰でも楽しむことの出来る最高のレジャーなんです!

着用するスーツにもよりますが、一般的な5㎜ウエットスーツであれば7~9月。
しかし、フードベストやインナーを工夫すれば6月~10月まで大丈夫!
さらに11月~5月は水の入ってこないドライスーツを着用すれば快適なダイビングを楽しめます。(気温より水温の方が高いのです)
水中にも四季があり、季節によって見れる生物や透明度はさまざま…ダイビングは1年を通して楽しめるレジャーなのです。

ライセンス取得の費用は、ダイビングショップによって異なりますが、LIVE SCENEの場合オープン・ウォーター・ダイバー取得にかかる費用には、
【講習代金】
学科から海洋実習修了までの指導料・マニュアル・DVD ・付属教材・ログブックセット・講習期間中のすべてのレンタル器材代金・すべての講習が終了したときにPADIに申請する費用
【海洋実習費】
限定水域(プールもしくは海)トレーニング、日帰りでの4回のビーチダイビングにかかる費用・現地までの往復交通費・現地での食事費用・施設利用料・漁業協力金・保険料
が含まれており、78,000円で受講できます。

ライセンスを取得するためには、学科講習と実技の両方を修了することが必要です。水深制限18mまで潜れるオープン・ウォーター・ダイバーの資格なら、3〜4日で取得することができます。
LIVE SCENEの講習は、すべて皆様のリクエストをベースにして予定を立てますので、お仕事の忙しい方やお休みの少ない方、平日しかお休みがない方など、どんな方でもご都合のいい日時に講習を受けていただくことができます。

・学科講習はSHOP内で開催。もしくはeラーニングを利用すればお好きな時間にネット環境が整っているお好きな場所でマスターできます。
・限定水域(プール)講習は福山市内の屋内温水プールか屋外の飛込専用プール、もしくはプールと同じような穏やかな環境の海で開催。
・海洋実習はもちろん近場の海で開催いたします。
ライブシーンでよく利用する場所は島根県大田、高知県柏島、愛媛県西海やひらばえ、鳥取県田後になります。
講習内容やお客様のスケジュールによって日帰り、1泊2日などを選んでいただけます。

PADI eラーニングは、『いつでも』『どこでも』『自分のペースで』PADI オープン・ウォーター・ダイバー・コースなどの知識開発(学科講習)部分をインターネットで完結できる画期的なシステムです。
この『PADI eラーニング』で知識開発(学科講習)部分をご自分のお好きな時間に好きなペースで終わらせることができます。
あとはプールダイブと海洋実習をショップで受けるだけ!
※受講費用は別途必要となります。

たくさんのツアーに参加してどんどん上手になりましょう。
ダイビングは潜れば潜るほど上手になり、上達すればするほど楽しくなります。
そして「もっと上手に潜りたい」、「もっといろんな海を潜りたい」そんな思いが沸いてきたら資格のステップアップにチャレンジしてみましょう。
ダイビングの幅が広がり、ますますダイビングが楽しくなりますよ。^ ^

もちろんお一人様のご参加でも大丈夫です。
LIVE SCENEには体験ダイビングやライセンス取得、ダイビングツアーにお1人様で参加される方が非常に多いのでご安心ください。
女性の1人さまでの参加も大歓迎ですよっ。

水泳が得意である必要はありません。ただ泳げればOKです。
コースを開始する前にPADIインストラクターが水に慣れているかどうかの確認をいたしますので、泳ぎの苦手な方はご相談ください。
ダイビングを始めたら水泳がうまくなったという方もいらっしゃいます。

マスクをすると水中ではものが1.25倍ほど大きく見えるので、視力が0.5ぐらいまでなら問題はないと思われます。
それよりも視力が悪い方、心配な方は、水中マスクに度付きレンズを入れてご使用するのがベターでしょう。
また、最近では使い捨てコンタクトなどを使用されている方もいらっしゃいますが、使用される前に医師にご相談される事をお勧めいたします。

生理中のダイビングは問題ないといわれていますが、他のスポーツと同様、生理痛がひどいときは避けたほうがよいでしょう。
妊娠中のダイビングはNGです。
ダイビングと母体や胎児への影響の因果関係は研究中の段階ですが、ダイビングが原因の流産などが世界でも数件とはいえ報告されています。

ダイビングを楽しむためには器材は必要不可欠!かといって、いきなり器材を購入する必要がございません。
まずはレンタル器材から始めましょう。ダイビングを続けていくうちに自分の器材の必要性を感じ、欲しくなったらSTAFFまでご相談ください。
お客様の身体やダイビングスタイルに合った器材をSTAFFと一緒に選んでいきましょう。

LIVE SCENEでは安全な潜水計画を立てる上で必要不可欠なダイブコンピューターをおススメしています。
が、レンタル器材もございますので、まずはダイビングに出かけましょう!
また、さまざまなタイプの器材を使い比べて自分に合った器材を選べる「器材モニター」もございますのでご活用ください。
その他器材に関してはPro STAFFまでご相談ください。

ツアーメンバー募集

※クリックすると詳細情報が表示されます
 
・8/18(金:夜発)~20(日) 和歌山県・串本(7/5)
・8/11(金)~13(日) 高知県・柏島(7/5)
 
その他にも魅力的なツアーがたくさん…
詳しくはツアースケジュールをご確認ください。
 
 


おススメ情報

7/21~23の沖ノ島ツアーでお世話になる、福岡のダイビングショップ『スキューバダイビングエアー』さんの動画を掲載させていただきます。魚影の濃さ、地形の面白さ&迫力…『沖ノ島』の海…凄すぎます!